お米とお水からつくられた、日本生まれのお酒・日本酒。フルーティーで優しい味わいから、近年は女性のファンも増えていますね。日本酒を嗜んでこそ、この国の文化をキチンと理解したオトナの大和撫子になれるというものではないでしょうか?

酒屋や居酒屋へ行くと、全国から集まった数えきれないほどの日本酒が並んでいます。もちろん、味わいは千差万別。飲んでみると、中には「このお酒、私の口にはちょっと合わないかも……」と感じてしまうものもあるでしょう。

ところが、どんな日本酒でも必ずおいしく飲める方法があるんです! 今回は、“口に合わない日本酒”がおいしく飲めるようになる3つの裏ワザをご紹介します。

①氷を入れる

日本酒のスタンダードな飲み方といえばストレート。ロックで飲むと聞くと、ビックリするかもしれません。氷を入れることによってお酒が冷えたり、溶け出した水と混ざったりすることで、味わいがぐっと変化するのです。

最近はロック専用の日本酒なども販売されていますが、どんな日本酒でもチャレンジする価値はアリ。試しにひとかけら、ポトンと落としてみてください。焼酎のように濃い味わいのものはもちろんですが、「ちょっとクセがある」くらいのお酒に入れると、まろやかで飲みやすい味になることが多いのでオススメです。

②おつまみを変える

お酒にピッタリの食べ合わせのことを「マリアージュ」「ペアリング」などと言いますが、日本酒は一緒に食べるものによって味わいが大きく変化します。お刺身と合わせるとあまりおいしくなかったお酒が、唐揚げと合わせたらおいしくなった!なんてこともあるのです。

そのお酒にどんなおつまみが合うかを調べるために使えるのが調味料。
醤油、塩、酢、味噌、ゴマ油などを用意し、スプーンなどでペロっと舐めたあとに、お酒を口に含んでみてください。塩に合うお酒はさっぱりとしたおつまみ、ゴマ油に合うお酒は揚げものもOK……という風に食べ合わせを考えていくとよいでしょう。

③器を変える

日本酒は一緒に食べる料理だけでなく、グラスの形によっても味わいがガラッと変わってしまいます。

飲み比べにオススメしたいのがこちら、カネコ小兵の酒器「一献盃」。ご覧のように、形の違う4種類の盃がセットになっています。
縦長の器はお酒が喉に直接届きやすいから、スッキリ飲める。ラッパ型の器は香りが広がるから、華やかな味わいになる……と、同じお酒でも器によって風味が変化することが体感できるユニークな酒器です。
また、器によって合う日本酒のタイプも異なるため、どんなお酒をおいしいと感じるのか、自分の好みを診断するのにも役立ちますよ。

***

日本酒は繊細で不思議な飲み物。飲み方を少し工夫するだけで、味わいが大きく変化します。
あなたの「口に合わない」お酒は、決して「まずい」お酒ではありません。
全国各地に存在する数えきれないほどの日本酒から自分好みのお酒を見つけ出すために大切なのは、それぞれのお酒が力を発揮できる“舞台”を用意してあげること。どんなお酒にも、必ずキラキラ輝ける舞台があるのです。
それが温度なのか、食べ物なのか、器なのか……。ゲーム感覚で楽しみながら、ぜひ自分の舌と鼻で確かめてみてください!

※女性向けWEBメディア「オモタノ」に掲載した記事を編集のうえ再掲載しています。

English Version

One thought on “ちょっとの工夫で大変身! 日本酒がおいしくなる3つのワザ”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *